« 赤岩魚をさがして・・・【其の六 熊の掻き跡に恐れながら】 | トップページ | 赤岩魚をさがして・・・。【其の七 最終堰堤の上流へ】 »

2015年6月29日 (月)

後期用に毛鈎を巻く

 梅雨が明けると今期も後半になるので、毛鈎を巻いた。

Bh276定番のハリ、返しをヤスリで削りとる。少しだけ凸を残して置くとスカバレは減る。
但し、魚を傷つけてしまうので返った部分は完全に取り除く。

Bh2761盛期定番の毛鈎を二本巻いた。

二本あれば、十回遡行に充分。 これで準備は万端、終了した。

|

« 赤岩魚をさがして・・・【其の六 熊の掻き跡に恐れながら】 | トップページ | 赤岩魚をさがして・・・。【其の七 最終堰堤の上流へ】 »

コメント

 ようこそ、奥秩父RED RIGHTのアサイさん

>秩父イワナを探しに行きます。
そうですか、なかなか本来の在来種に逢うのは難しくなりました。何処かで偶然にもすれ違っているのかもしれませんね。

私の方こそ、宜しくお願いいたします。

投稿: 杣女爺 | 2015年9月18日 (金) 午前 06時28分

奥秩父RED LIGHTというフェイスブックを
させてもらっていますアサイと申します。

以前から楽しく読ませて頂いておりましたが
コメント投稿は初です。

私も身体が空けば、さいたま市から秩父イワナ
を探しに行きます。

今後とも宜しくお願いします。

投稿: 奥秩父RED LIGHT | 2015年9月16日 (水) 午後 05時30分

 ようこそ、ジョージさん。

>とても詳しく・・・
恐縮致します。とても詳しく…ではなく、詳しいふりをしているだけです。(笑)

早速にN川の釣行を拝見しました。
私も以前に、最終堰堤上の連滝の場までは遡ったことがありました。当時は上の林道の崩落ガレが流入していたので戻りました。が、釣り技が未熟で数匹の岩魚に出逢えただけでした。
其の上は如何なっているのか、楽しみにしています。今度、お邪魔させていただきます。


投稿: 杣女爺 | 2015年7月21日 (火) 午後 08時15分

初めましてm(_ _)m
ショージと申します。
いつも拝見してます。秩父岩魚についてとても詳しく解説してあり、勉強になります。

投稿: ショージ | 2015年7月21日 (火) 午前 10時29分

 おはようございます。 秩父浪人さん

細流の岩魚だけが対象ですから、毛鈎に頓着しないほうです。
近年はこの形で、早期(梅雨まで)は胴灰、盛期は胴黒としている二種だけです。
>機能的・・・ >一ッ手間・・・
私の場合、毛鈎が見えないと困るのです。寄り来る岩魚が見えませんからね。

投稿: 杣女爺 | 2015年7月 1日 (水) 午前 05時56分

これが爺様の盛期定番ですか。
機能的な毛バリですね。
伝承毛バリに一ッ手間を加えているわけですね。

投稿: 秩父浪人 | 2015年6月30日 (火) 午後 08時33分

(笑)かなり古いのでしょうね。
十年ほど前に古い釣り道具屋さんで気に入って五袋(100本)買ったもので、まだ使い切っていないのです。
大きいですかね、小さいのを使わないのには二つ理由があります。
一つは、毛鈎が巻きにくく面倒なこと。
一つは、五寸以下の幼魚には咥えさせたくないこと。
ですかね。

投稿: 杣女爺 | 2015年6月30日 (火) 午後 06時39分

その『桑原テンカラ』のパッケージは、かなりレトロですね。
しかも5号とは、確実に大物狙い。(笑)

>少しだけ凸を残して置くとスカバレは減る。
杣女爺さんもいろいろ工夫してますね。
釣行前の作戦を立てている時からが愉しみなんですよね。

梅雨時は熊の繁殖期です。
くれぐれもお気をつけて。

投稿: 装備屋メイ | 2015年6月30日 (火) 午前 08時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 赤岩魚をさがして・・・【其の六 熊の掻き跡に恐れながら】 | トップページ | 赤岩魚をさがして・・・。【其の七 最終堰堤の上流へ】 »