2018年4月25日 (水)

追憶の谷 水晶谷 “覗き見れば・・・面蔵ノ滝”

平成六年の夏のこと

“今日も良い天気だ・・・” 見上げる雁坂嶺辺りの山肌は明るく陽があたっている。
此処は、古礼沢の出合いを過ぎたところの河原、深い谷底はまだ仄暗く流れは白く荒々しく駆け降りている。
昨日は、天狗岩トンネルから歩き杣道を辿って釣橋小屋から滝川へ降りて遡った。
ブドウ沢出合い下の難所を岩に縋っり抜けて、やっとのこと此処の古礼沢出合い上の河原に辿り着いたのだった。

まだ早い、“珈琲を沸かして飲もう・・・”枯れ木を集めてコッフェルに谷水を入れて火を焚いた。
立ち昇った白い煙は谷間に流れて行く。

熱い珈琲を啜っていると、カシャカシャと音がして腰の回りに用具をぶら下げた三人のパーティが遡って来た。
投げ出してあった釣り竿を見てか 『釣りですか?・・・』 と問う、『そうだね・・・』 と曖昧に答えた。
『先に行せてもらいます。なるべく静かに行きますから・・・』 と上流へと去って行った。
大学のサークルパーティだと言う、日に焼けて精悍な面々が印象的だ。
“少し間をとってから行こう・・・” 沸かした湯でラーメンを茹でて食べた。

“さて・・・と” 身支度して上流へと遡る。
暫くはゴーロが続くのだが、何と伏流する場もある。
三㍍ほどの小滝が次々と続く、釜に毛鉤を振ると赤い斑点の岩魚が咥える、魚影は濃いようだ。
両岸の岩壁が迫って峡間、中は五㍍ほどの滝が続く、峡間の出口には三段の十㍍越えの滝、なんとか抜け越えた。
滝上は、日差しが差して広く気持ちの良いゴーロが続くいている。
右岸から枝谷が入ると、またも十㍍を越える滝が立ち塞がり釜は大きく深い、毛鉤を振れば八寸の岩魚が竿をしぼった。
“これは困った・・・” 見れば途中にハーケンが打ってある、竿を納めてこれにザイルを掛けて何とか越えられた。
滝上は穏やか、だが水量は減って乏しく伏流もしているゴーロ。
雁坂トンネルの工事で水晶谷の水は半減したと聞いた。

落ち込みに幾度も毛鉤を振るが何にの音沙汰も無い、“もう棲んでいないのだな・・・” 先ほどの十㍍滝が滝川の魚止メであったらしい。

又も両岸が極端に狭まって十㍍ほどの滝、これは階段状で岩を掴んで踏み越えられた。Menzooblog_2

いよいよ両岸の高い岩壁は迫りすぼまって幅は二・三㍍しかない長い廊下。
奥に進むと何やら水音がする。
何と、廊下の行き詰まりには十五㍍ほどの直瀑、“これが噂に聞く面蔵ノ滝だナ・・・”
廊下の正面に細い水を高みから落している。 水の落ちる音の他は風の音すらもしない。
何ともうら寂しく幽閉な処なのだ。
濡れた岩に腰掛けると、つくづくと思った。   “何でこんな場所に、私は居るのだ・・・”
でも・・・この排他的ともいえる心細いばかりの寂寥感が、私は好きだ。
水の少ない岩肌に濡れた足跡らしきが乾ききらずにある、先ほどの三人も此処を覗いたのだろうか。
“もう どの辺りまで遡ったろう・・・” 幾らかの人臭さが気持を現世に呼び戻す。

奥秩父の入川と並ぶ雄、滝川の岩魚止メも確認することができた。
何より、独行で滝川を竿を携えて源流域にさしかかろうとする面蔵ノ滝まで遡れたことに満足だった。

少し下って、左岸のガレ沢をしゃにむに二時間程も登って、やっとのこと雁坂峠に続く黒岩登山道に出た。

  当時の遡行メモから。 雁坂トンネルは、この四・五年後に開通した。

Blogkuroiwa10_5  黒岩尾根から見た水晶谷の源流域、正面は水晶山(2158m)、 この下辺りに面蔵ノ滝がある。


| | コメント (0)

2017年10月14日 (土)

追憶の谷 奥巣山谷 “殺生をすまい・・・と誓わせた岩魚”

 随分と前のことである。

その日
浦山川水系の支流、橋立川の源流域を探釣する為に向かった。
此の川の源流域は、幾つもの細流に分かれている。
その最も奥の、最後の一匹の岩魚を確認するのが目的だった。

武甲山への登山道を見送り、上流へと続く杣道を辿る。
大滝を眼下に眺め、まだまだ先の源流へと急ぐ。

やがて、此の川の最奥の細流の奥巣山谷に辿り着いた。
一跨ぎ程の流れだ。
この辺りまで来ると、人の踏み跡などは全くない。
熊との遭遇が怖くて、腰の鈴を振り鳴らして“ワァー”“オォー”と叫びながら歩いた。
落ち込みの溜りに毛鉤を落とすと、小振りの岩魚が追い来ては咥える。

随分と遡り来た。
いよいよ流れは細くなり、深さも足の踝ほどもない。
“岩魚達も、いくら何でも棲むに限界だナ・・・”と思われる。
落とす毛鉤にも、岩魚は出なくなった。

大きな岩が在って、その下がⅠ㍍四方位の溜りになっている、深さは15㎝ほどであろうか。
谿合を見れば、上方の10㍍ほどの先で水流は消えている。
“もしや・・・”と毛鉤を落とすと、岩下から真っ黒の影が走り出て咥えた。

慌てて竿を立てると、勢い余って黒い小さな岩魚は後ろの草むらに飛んで落ちた。
落ちた辺りを探したが、見つからない。
随分の間、草を分けて探したが、その姿は見つからない。
“可哀相なことをした・・・” 悔やまれた。

諦めて、上流を偵察すると、その先で水流は消え再び流れは復活することはなかった。

戻り来て、先ほどの場所にさしかかった。
水辺の際に五寸ほどの岩魚が横たわっていた。

手にとると、既に体色は白っぽい死色だったが、朱斑は鮮やかで綺麗なままだった。
体は痩せて小さいが、斑紋の数から成魚と知れた。
あまりに流れが細くて餌が少ないから大きくなれないのだ。

“流れに戻ろう・・・と、懸命に此処まで跳ね寄って力尽きたのだろうか・・・”
その目は大きく黒く見開いていて “どうして僕を釣ったんだい・・・”と問うているようだった。

ソット 水の中に戻した。
あまりに少ない流れなので、小さな岩魚は横になった儘だった。
手を合わせて、流程の長い谿の最終の此の小さな岩魚への懺悔とともに冥福を祈った。


今でも時々に、この小さな岩魚を想い出す。
そして、“絶対に殺生はすまい・・・” と誓うのだ。

| | コメント (2)

2017年9月 1日 (金)

奥武蔵の渓 堰堤越えて また越えて

 この日、九年程の前に辿った奥武蔵のH入に出かけた。
此の渓は、昭和五十年代から平成にかけてもの凄い数の堰堤が造られた。

九年程前の朝、渓に沿う林道脇でチェンソーで伐採作業をしていたオッサンに
『此処にゃ 魚は居ねえよぅ。俺が子供の頃にゃいっぱい居たんだけどなぁ・・・』と言われた。

そして、約三時間半ほど、二十数基もの立ち続く堰堤の間に毛鉤を落とし続けた。
が・・・、何の手応えもなく、一匹の魚影も見ることなく戻って来ることになったのだった。

朝の入渓場所に戻ると、作業していたオッサンはまだ作業をしていて
『おぅ 帰ってきたかぁ、如何だったい?・・・』と問う。
『やっぱり居ませんね、一匹も出ませんでした』と答えた。

そんな記憶のあるH入だった。
古い情報では「下流は山女魚、岩魚は左岸に岩壁の下の連瀑帯にまで棲む・・・」とある。
本当に棲んで居ないのか “もう一度だけ確認しておきたい・・・”という思いに駆られたのだ。


 天気は好い。

堰堤に次ぐ堰堤を巻き越えて遡る。
下流の狭い堰堤の間で、“オャ!”振る毛鉤に飛び付く反応があった。
咥えきれないようなので、毛鉤を八号から五号にと結び替えて振ると、五寸ほどの山女魚だった。
“君には用はないのだが・・・” 流れに放して先を急ぐ。
七基目の堰堤を越えてからは、振れど落とせど毛鉤は、ただ流れに漂うだけであった。
Blogh298hitomi1_3                         渓相はよいのだが

堰堤を、もう十数基は越えた。
滝の巻きなら情緒もあるが、堰堤の巻きは、実に味気なくて苦しい。
“最終堰堤の上に岩魚が棲むのなら、増水で落ちた岩魚は居るはずだが・・・”
身を隠して、落ち込みに丹念に毛鉤を落とすのだが、やはり何の反応も全くない。

堰堤を越えること二十と数基。
終に、気力と体力の限界にきたようだ。
Blogh298hitomi2               たぶん此処が連瀑帯、上にはまだ次の堰堤が見える

“もういい・・・もうよそう、此の渓に岩魚は棲まなくなってしまったのだ・・・”
此の渓の遡行に諦め締めくくりをつけたのだった。


| | コメント (8)

2017年6月 2日 (金)

思わぬ大寸

 名栗川水系の源流域のT入に出かけた。

Y入と出合う二俣は水量比2:1程であろうか、水量は細い。
Blogtsumadeai_2


渓に入って直ぐに直登できない滝場、左岸を山道に上って巻いた。
Blogtsuma3m

滝上は水量は少ないものの、落ち込みを連ねた好渓相だ。
意外と魚影は濃いようで、落ち込み毎に5~6寸の小型の岩魚が顔を出す。

暫く遡ると、小滝が在って小さいながらも淵になっている。
沈み石の周りに毛鉤を流すと、ゆっくりと魚影。
咥え合わせると意外な手ごたえ。
Blogtsuma95

泣き尺の九寸五分が竿を引き込んだ。

気分よく遡ると、いよいよ水は細くなってきた。
“そろそろ棲む限界だな・・・” もう沢蟹の領域だ。
と、思っていると『ワッセ ワッセ』と黄色い声がする。
“そうだ、此の上は登山道があるのだ”
『おじさん、何しているんですかぁ~』カラフルな服装の若い女性のグループだ。
『釣りかしらぁ』
『違うわよ、樵よ 樵』
と声がする。
“樵・・・”答えずにいると、『ワッセ ワッセ』と登って行ってしまった。

渓は終に、水は涸れた。

| | コメント (4)

2017年4月22日 (土)

毛鉤を巻く

そろそろ時節かな・・・、と今年用の毛鉤を五本巻いた。

Blogh29kebari

以前の毛鉤と比べると、実にいい加減な作りだ。
年々に大雑把になってゆくようである。
よる歳波で、目が遠くなり手先も不器用にしか動かない為であろう。
岩魚が喰い付くのだから、マァ いいか・・・”強いての結論である。


|

2017年3月25日 (土)

赤岩魚を捜して・・・。【其の九 高麗川の源流の一部を偵察-2】

 春めいて、再び出かけてみた。

                  T 入
Blog3takahata


                  S 沢
Blog3shirataki

 両沢ともに、岩魚が棲むのか棲まぬのか・・・それは“探釣をしてみなければ、わからない。”
極めて水量が少ない、渇水気味だからなのか、それとも此れが平水なのか。
里川ゆえに、忌まわしい堰堤や人の棲む民家を離れる上流へ行くと、こんなにも細流になってしまう。

 こうした流れを見ていて、ふっと奥秩父の険谷に想いを馳せてしまった。
このような里川の細流を辿ることに、果たして満足し続けられるのだろうか・・・。
岩魚に出逢うこと、どんな岩魚が棲んでいるのか、そのことには満足できるかもしれない。
が、私にはもう一つ慾がある。
それは、奥秩父や秩父の奥谷で味わえる、自然の摂理の造り成す情景への感嘆と畏怖、鳥も啼かぬほどの幽寂とも言える処に身を置いて感じる心細い程の寂寥感に浸れないことだ。

たぶん、三度に一度は奥秩父の奥谷を恋しくて向かってしまうことだろう。

|

2017年3月11日 (土)

赤岩魚を捜して・・・。【其の九 高麗川の源流の一部を偵察】


今期は、奥武蔵の高麗川水系の源流域を岩魚をさがして、辿ってみるつもりである。

 『源流の一部に、在来種の岩魚が棲んでいて貴重だ・・・。』と昔の本に簡略ながら書いてあったからだ。
今も、岩魚の在来種は棲んでいるのだろうか。

 てな訳で、幾らか春めいた日差しの今日、偵察の意味で竿を持たずに出かけてみた。
此の水系の本流筋は、国道の沿う里川で標高も低く岩魚の棲む領域ではない。
支流に入っても、民家が山道に沿って点々と建ち趣に欠けるし在来種が棲むとは思えない。
“枝沢をさがしてみるしかないな・・・。”

H入に入ってみる。
Blogkomahanakiri1            林道の終点から流れを覗くと、如何にも心細い流れ。

Blogkomahanakiri2            直ぐに堰堤が在る。

Blogkomahanakiri3            堰堤の上に上がってみると、水流は有るものの水量は僅かだ。


T入に入ってみる。
Blogkomatono1            林道が「通行止」の柵が在り、低い堰堤が在るが水量は殆ど無い。

Blogkomatono2            堰堤上は、砂礫が堆積していて全く水流は無い。

Blogkomatono3            暫く遡ると、やっと流れは復活したものの如何にも細い。

S入に入ってみる。
Blogkomasawano1            此処も林道は更に先に続いているのだが「通行止」の柵、そして大きな堰堤。

Blogkomasawano2            堰堤上を覗くと、砂礫が堆積していて水流は無い。

Blogkomasawano3            暫くで水流は復活するが、やはり心もとない。


この日、此の三つの枝沢を覗いてみたのだが、此の上に果たして岩魚は棲んでいるのだろうか。
それぞれの水量からすれば、とうてい岩魚の棲める水量ではないと思えるのだが・・・。
何しろ、『貴重な在来岩魚が・・・。』と書いてあったあの本は各沢に堰堤が築かれる前の出版だ。
しかし、辿ってみなければ判らない。
其の前に、管轄の漁協に行って規制状況を聞かなければならない。

もう少し暖かくなって、岩魚達が上を向く藤の花の咲く頃になったら訪れてみることにしよう。

* 此の地方では「沢・谷」のことを「入・ヤツ」と呼ぶ。

| | コメント (4)

2016年7月19日 (火)

赤岩魚をさがして・・・。【其の八 林道終点の上流へ】

 此処は、奥武蔵の名栗川水系の大支流のA川のT入。
前に此処を辿ったのは九年ほどの前の初夏であった。
T入はA川に流れ入る枝沢で水量は少なく営林用の林道が上流にまで沿って続いている。
出合いからは滝を連ねた悪場でA川からの渓魚の遡上は止められている。
此処の沢名は、此の極下流域に滝が在ることから付けられた名と思われる。

 以前に辿った時は、下流の悪場を敬遠して直ぐ覆い被さる酷いボサに悩まされながらも小型の岩魚が棲むのを確認しながら三時間余りを営林用林道の終点下までを遡ったのだった。
今回は、営林用林道からの上流域を目指して、確認に出かけた。

以前は、林道の入り口に「進入禁止」のゲートが在ったのだが、今は取り払われている。
覆木の繁った沢筋を眺めながら1kmも行く、営林用林道の終点に着く。B287

4.5mの渓流竿に1mの提灯仕掛け、小振りの毛バリを結ぶ。
沢に降りると幾分と開けているものの、水量は少なく流れは一跨ぎも無い。
B287_2低い階段状の小さな落ち込みに丹念に毛バリを落すのだが、まったく魚信も魚影も無い。

全く音沙汰は無いのだが、もしやもしやの念に囚われ一時間半ほども遡った。
やがて、大岩の転がる場に着く。
B287_3此の上で、遂に巾一尺にも満たない流れになってしまった。
いくら両生類か?と思えるほどの岩魚であっても、棲むには無理だ。
“やはり、棲んではいなかったか・・・。”

岸に上がると、其処は広い蕨の群生地であった。
B287_4
“やはり、林道終点下の小滝が此の沢の魚止メか・・・。 来年は、蕨を獲りに来よう。”
思うのであった。

| | コメント (0)

2016年5月25日 (水)

赤岩魚をさがして・・・。【其の七 最終堰堤の上流へ】

 奥山にも、藤の花が咲いた。

“出かけたい・・・” と思うのだが “此処を辿ろう・・・” との気を湧かせる沢谷が思い浮かばない。
過去の「釣り行記録」を繰ると、魚止メを確認できていない沢が幾つかあった。

其の中の、奥武蔵の「K入り」を遡ることにした。
記録では、平成21年に辿った時は、堰堤が次々に続いて辟易し最終堰堤と思われる処から戻ってきてしまい、其の上流は “また次回に・・・” としていた沢で、其の侭に行かず終いになっていたのだった。

 天気は上々。
沢筋に沿う林業用林道の終点に着いた。
左岸は、杉・檜の植林地。

Bh285nk1
先ずは、前回(7年前)に最終堰堤と判断した下に降りて探ってみることにした。
毛バリを振ると1投で5寸の岩魚が咥えた。

Bh285nk3

幼魚の為に、朱斑の出がまだ薄い。 
“ヨシ ヨシ、この上からが本番ヨ”と折角に降りた急斜のザレを難儀して喘登した。
堰堤上は、砂礫が堆積している。少し先が斜度のある段々滑メが30㍍ほど。

Bh285nk2_2
もう歳だ、“転び落ちてもいけないし、無駄な労力は使うまい・・・”
左岸の踏み跡(仕事道)へ上がって巻いた。
滑メの上は、水は少ないものの落差のある落ち込みが続く良い渓相だ。
ソット落ち込みを覗けば、なんと良型の岩魚が慌てて岩の下に隠れた。
やはり岩魚は棲んでいたのだ。
頭上に木々が繁るので、提灯仕掛けに換えた。
ソット大石に隠れて、落ち込みに毛バリを落すと、グイと引き込んで8寸の色合いの良い岩魚。
水槽に入れて前から横から写真撮影。

Bh285nk4
Bh285nk5

フット見上げる先に、なんと堰堤があるではないか。
左岸の踏み跡で堰堤の上に出た。
上がった処に、鉄塔巡視路の標識があった。

Bh285nk6
「通勤路 滑落注意」と書いてある。
「通勤路」と書かれているのがユーモラス。
時に奥山谷でザックを背負った巡視員の方に行き逢うことがあるが、仕事とはいえ頭が下がる。
『お疲れさま…』と云うと『釣りですか…』と大概が云う。
今からでは駄目だが、今度に生まれ替ったら、こういう仕事が適性かもしれない。
其の時は、何時もザックにテンカラ竿を忍ばせておこう。
なんと、その先にも堰堤が見えるではないか。近寄れば「平成元年 治山事業」とある。

Bh285nk7
“こんな奥まで堰堤か・・・”嘆息もする。

“せめて、此の堰堤が最終であって欲しい・・・”
堰堤を登った上は“水が無い!!”
それでも、50㍍ほど遡ると、何やら水音がしてきた。
辿れば、水流は復活してきたが、いかにも細い。

 それからも、少ない水量の落ち込みに丹念に毛バリを落したが、何の音沙汰もない。
両岸が岩場の中に小滝の処、ここも蜘蛛の巣に絡まるばかりで、何の反応もなかった。

Bh285nk8
そして遂に、遂に水は涸れてしまった。

Bh285nk9

今回に確認された最終堰堤から約一時間半、毛バリを振り振り遡ったけれど、
残念ながら堰堤上に岩魚は棲んでいなかった。
目的は達成したのだが、人工構築物の堰堤が「魚止メ」とは、寂しいかぎりであった。
 何時か、“堰堤間の岩魚を上げてやりたい・・・”とも思うのだが、
あの細流では、辛い思いをさせてしまうだけなのかもしれない。


| | コメント (2)

2015年6月29日 (月)

後期用に毛鈎を巻く

 梅雨が明けると今期も後半になるので、毛鈎を巻いた。

Bh276定番のハリ、返しをヤスリで削りとる。少しだけ凸を残して置くとスカバレは減る。
但し、魚を傷つけてしまうので返った部分は完全に取り除く。

Bh2761盛期定番の毛鈎を二本巻いた。

二本あれば、十回遡行に充分。 これで準備は万端、終了した。

| | コメント (8)

«赤岩魚をさがして・・・【其の六 熊の掻き跡に恐れながら】